資産価値変動

資産価値が下がりにくいマンションについて、ポイントをいくつか紹介しています。

資産価値が下がりにくい投資マンションを選ぶ

どんな建物でも、築年数を重ねると資産価値は下がっていきます。

投資マンションも同じです。一般的に築年数が古くなれば空室リスクも高くなり、入居者を増やすための施策、例えば家賃の引き下げなども検討する必要も出てくるでしょう。

しかし、以下の原因やポイントを抑えることで投資マンションの資産価値による変動を最小限に抑えることが可能です。

資産価値が下がってしまう原因

資産価値が下がる原因として「建物の劣化」「自然災害や突発的な事故による建物の破損」などが代表的です。

築年数が古ければ古いほど劣化はしていますし、破損してしまっている建物が多いハズ。自然に起こりうることだと誰もが理解しつつも、それを自ら進んで買いたいと思う人はあまりいません。

結果、資産価値が下がる原因に繋がってしまうと言えるのです。

資産価値を下げないための対処方法

資産価値変動対策(1)好立地条件の投資マンションを選ぶ

建物の価値は歳月とともに下がることがあっても、地価は必ずしも下がるとは限りません。むしろ好立地の場所であれば地価は上がります。

つまり、投資マンションにおいては立地条件が資産価値を左右するのです。

最寄駅から徒歩10分以内、周辺にターゲット層が行くような施設がそろっており、生活に不自由することがない街を選ぶことで、資産価値が下がるリスクも抑えられます。

また、ブランド力のある街を選ぶことも一手。できれば、いつの時代にも人気のある街で物件を探し出せるといいでしょう。

資産価値変動対策(2)築15年の中古マンション

投資マンションに限らず、すべての建物は新築時がもっとも資産価値が高く、それから徐々に下がり始めます。そして、築15~20年以降になると下落率が緩やかになる傾向があるのです。

つまり、新築マンションよりも築15年前後の中古マンションのほうが資産価値の変動が抑えられます。また、売却時にも差損を少なくできるといったメリットもあるのです。

資産価値変動対策(3)管理体制をしっかりする

投資マンションの資産価値は、管理体制も大きく影響してきます。共有部の清掃や設備交換、大規模修繕工事なども計画的に実施し、しっかり管理をすることで資産価値の低減を最低限に抑えられます。

そのためにも、管理会社選びが重要なポイントになるといえるでしょう。

資産価値変動対策(4)ニーズに合わせてリフォームする

入居者のニーズは時代とともに変化しています。その変化に応えられなければ、空室になりやすく、ひいては資産価値の低減にもつながります。その時代に合わせて、リフォームをやっていくことも資産価値の維持につながります。

ただし、物件によっては間取りの変更が不可など限定的なリフォームしかできないこともありますので、購入する前にどこまで変更できるのかをチェックしておくようにしましょう。

初心者が失敗しない為にどうするべき? 中古マンション投資のすすめ
ページの先頭へ