空室・滞納

空室・滞納の状態が続くと、家賃の収入は0で自分のお金が出ていく一方です。ここのページでは、そういった事を防ぐためのポイントをいくつか紹介しています。

効果的なマンション空室・滞納対策とは

マンション投資でもっとも代表的なリスクといえば、空室・滞納リスク。入居者がいないので、当然家賃収入は見込めません。また、入居していたとしても滞納を続ける住人であれば、回収するのも手間暇がかかってしまいます。

その一方、購入したマンションのローンは、支払い終わるまで払い続けなければならないので、大変な事態にもなりかねません。こうしたとき、効果的な対策を知っておくことで、そのリスクを抑えることが可能です。

空室対策のポイント

空室対策(1)マンションの立地条件を見極める

物件の立地条件が、空室対策のもっとも重要なポイントです。

駅から徒歩10分以内、ターゲット層がよく行く施設がある、ワンルームであれば単身者や学生が多いなど、ターゲットにマッチした好立地の物件を選ぶことで空室対策に繋がります。

空室対策(2)サービスを付ける

例えば、家具付き物件。初めて一人暮らしをスタートする学生が多い街、大企業の支社が多く単身赴任者が多い街など、家具があると引っ越し費用を抑えられるので、とても魅力的です。その中でも、ターゲットに合った家具を置くことが大切。

最近では、大手家具量販店がコーディネートしてくれるサービスも展開していますので、そちらを利用するのも手です。

空室対策(3)募集条件を見直す

「ペットの飼育」「高齢者の一人暮らし」「外国人入居者」を可能にするなど、現状の募集条件を緩和することでターゲットを広げられます。

ただし、すでに別の入居者がいる場合、その方々に許可をもらっておきましょう。

空室対策(4)管理会社を変える

入居者募集の活動を適切に行っているか、滞納者への対応をしてくれるか、管理がしっかりしているかなど、管理会社が空室の一因を作り出している場合もあります。指摘をしても入居者がつかない場合は、管理会社の変更を検討しましょう。

空室対策(5)値下げする

そもそも、周辺の似たようなマンションと比べて家賃が高くないかをチェックしてみましょう。もし高かったら、家賃の見直しも必要です。ただし、家賃の引き下げは今後の事業計画に影響を与えますし、資産価値の低下や売却価格にも影響があります。

まずは、敷金・礼金を下げる、最初の1~2ヶ月は無料にするなどの施策から始めましょう。家賃の引き下げは、最終手段です。

空室対策のポイント 入居者のニーズを見極める

空室に関する対策として「入居者のニーズを見極める」という点が上げられます。

これも、そのマンションがある街のターゲット層に関わることですが、ファミリー層が多い街なのにワンルームマンションだと、入居者が見つかりにくいのも当然です。

また、間取りや設備も時代によって変わってきます。中古マンションであれば、年代が経過している設備のままだと、入居者の希望に合わないこともあるので、リサーチする必要があります。

初心者が失敗しない為にどうするべき? 中古マンション投資のすすめ
ページの先頭へ