金利上昇

こちらのページでは、金利上昇の対策について詳しくまとめています。

マンション投資の金利上昇対策法

低金利時代が長く続き、直近に急激な金利上昇はないとはいえ、10年20年先を見越して投資していくのがマンション投資。いずれは金利上昇の時代も来るでしょうし、それに備えて対策を打っていくことも必要です。

金利上昇でいちばん影響を受けるのが、ローンの返済。とりわけ変動金利で借りている方にとっては、運用計画の見直しが求められます。

金利上昇対策(1)低金利のローンを借りる

できるだけ金利の低いマンション投資ローンを、借りるようにしましょう。場合によっては、複数の銀行で交渉ができたり、不動産投資会社の紹介で金利優遇が受けられたりもするので、要チェックです。

また、一つの手として金利が上昇しそうになった時に、固定金利に変えるのも良い方法。ただし、そのタイミングを読むのは相当難しく、間に合わない可能性が高いので注意しましょう。

金利上昇対策(2)繰上返済

ローンを早く返せば、金利上昇の心配も不要になります。なので、ある程度の資金が貯まったら、繰上返済をしましょう。

マンション投資ローンは一般的に初期の間、返済額のうち、金利の割合が高い傾向にありますので、できるだけ早めに返済を。そのためにも、普段から資金を準備しておくことが大切です。

金利上昇対策(3)物件の価値を下げない

マンションは、築年数を重ねると資産価値が下がってしまいます。結果、家賃の値下げになってしまうことも…。しかし、金利上昇の時代においては家賃を据え置くことで、入居者がつく場合も考えられます。

そのためには、物件の維持管理をしっかり行い資産価値を下げないことが重要。修繕工事やリフォームなども長期的視野を持って計画的に実行していくことも、金利上昇対策の一つなのです。

金利上昇対策(4)家賃アップ

金利が上昇しインフレになれば、入居者の収入もアップしていることが予測されます。ただ、家賃アップは空室率が低いことが大前提。空室がいっぱいあるなかで家賃のアップは逆効果になりますので、注意しましょう。

金利上昇対策(5)売却する

市中の土地やマンションの価格がアップしていれば、売却することで利益も期待できます。

そのためにも、いい物件を購入して資産価値を下げないようにしっかり管理することが大切。また、売却タイミングによっては残債が残ってしまう可能性がありますので、その点にも注意しましょう。

初心者が失敗しない為にどうするべき? 中古マンション投資のすすめ
ページの先頭へ