HOME » マンション投資のメリットとは » 生命保険の代わりになる

生命保険の代わりになる

いざ、住宅ローンで借入してマンション投資をしようと考えても、万が一自分に何かあった際、家族に負債を残してしまわないかが心配です。こちらでは、マンション投資が「生命保険の代わりになる」というメリットをご紹介します。

マンション投資が生命保険の代わりになる理由

マンション投資のメリットのひとつとして「生命保険の代わりになる」という話を聞いたことはありませんか?

まったく見聞きしたことのない方にとっては、目から鱗が落ちる情報かもしれませんが、これは本当の話です。

なぜ、マンション投資が生命保険の代わりになるのでしょうか。それを説明するにはまず、団体信用生命保険のしくみを知る必要があります。

多くの方はマンション投資を決めた後、住宅ローンを組むことになるでしょう。その際、原則として「団体信用生命保険」に加入することになります。

住宅ローンを借り入れ、かつ団体信用生命保険に加入しているが「生命保険の代わりになる」といわれる対象者の前提条件です。

団体信用生命保険とは、ローンを支払っている方が、死亡または今後ローンを支払うことができない重病などにかかった際、保険会社が本人に代わって金融機関のローンを完済してくれるものです。

団体信用生命保険に加入することで、マンション投資のローンが残っていたとしても、遺族にローンの支払いは相続されません。つまり、遺された家族のための保険といえます。

そのため、団体信用生命保険から遺族へ現金が支払われることはありません。これはあくまで、金融機関が融資対象者にかける保険であり、保険金(ローン残債)の受取人は金融機関だからです。

では、遺族には何が遺るのでしょうか。それは、マンションという財産です。

遺族がマンション投資事業を引き継げば、入居者がいる限りは毎月安定して家賃収入が得られます。また売却することも可能ですから、それによって多額の売却益を得ることもできるのです。

投資物件ごとにどんなメリットがあるのか比較しました

物件によっては生命保険がいい場合も

通常の生命保険であれば、保険金は現金で支払われます。

これに対し、マンション投資の場合だと、売却をするにしても物件がすぐに売れるとは限りません。直近に入る現金といえば、家賃収入でしょう。

仮に、ワンルームの区分マンション1室だけに投資している方の場合、その家賃で遺族の生活を賄えるかというと、少し厳しいかもしれません。

一方で、一棟マンションを運用している方であれば、その家賃だけで遺族の生活をしっかりと支えられる可能性が高くなります。

所有する物件によって、マンション投資と生命保険のどちらが良いかは異なることを覚えておきましょう。

初心者が失敗しない為にどうするべき? 中古マンション投資のすすめ
ページの先頭へ