HOME » 中古マンション投資に関する最新コラム » 新築ワンルームマンション投資のメリット・デメリットについて

新築ワンルームマンション投資のメリット・デメリットについて

新築ワンルームマンション投資は、不動産投資の中ではかなり初期投資がかかると思われがちです。そのせいか、資産家や上級者向けの投資というイメージを持つ人もいるかと思います。

しかし実は、そうでない人でも参入可能な投資であり、それなりのメリットも多い分野です。もちろん、新築ワンルームマンションならではのデメリットもあります。

本記事では、新築ワンルームマンション投資に関するメリットとデメリットを記していきます。

新築ワンルームマンション投資のメリット

新築マンション

(1)設備的トラブルが少ない

新築ワンルームマンションは当然ながら建築されたばかりです。

そのため、中古マンションにありがちな設備トラブルが少なくなります。

建築後10年ほどは修繕費などの維持費がかからないので、中古マンションに比べて結果的に安く済むこともあります。

また、新築のワンルームマンションを選ぶ人は、ある程度収入のある職業についた単身者である場合が多いです。そういった人たちは昼の間は仕事で家を空けるため、設備の損耗を抑えられる傾向があります。その結果ますます部屋が長持ちし、トラブルも少なくなります。

設備トラブルに気をもむ必要がないのは、新築物件を選ぶ大きなメリットと言えるでしょう。

(2)入居者が決まりやすい

新築物件はやはり人気が高く、多少家賃が高くても早めに入居者が決まります。

その証拠に、新築マンションは売りに出されるとすぐに完売することが少なくありません。入居者が設備的な不満を持つことも少ないので、長めに居住して貰える可能性も高くなります。そのため、中古ワンルームマンションに比べて初期の空室リスクが少ない傾向が見られます。

入居者がなかなか決まらないと嘆きたくない人は、新築ワンルームマンション投資を検討してみましょう。

ただし、新築だからすぐに入居者が決まると思って甘く考えず、立地等は慎重に見極めてください。

(3)自己資金ゼロで投資を始められる場合も

新築ワンルームマンションを入手する場合に、最も高いハードルが資金です。

当然中古マンションよりも高いので、3,000万円程度は考えておく必要があります。それだけの自己資金を集められない人も多いでしょう。

しかし、不動産投資には他の投資にはない特徴があります。購入した物件自体を担保としてローンを組むことができるのです。新築マンションは評価額が高いので、自己資金ゼロのフルローンを組める可能性もあります。総支払額という面では不利になるかもしれませんが、どうしても入手したい物件を見つけた場合は、フルローンも検討してみるのも一案です。

新築ワンルームマンション投資のデメリット

新築マンション 部屋

(1)家賃の下落リスク

新築ワンルームマンションは、新築のうちは入居者が決まりやすく、家賃もそれなりに高い水準を維持できます。

しかし、一度入居者が転居すると、その途端に中古マンションとして扱われてしまいます。もちろん築年数自体は変わらないのですが、中古物件である以上、家賃を据え置きにしたままでは入居者が集まりづらくなることもあります。

初回の入居者がいなくなった途端に家賃を下げざるを得なくなる場合もあり、そうなると投下した資本の回収に時間がかかってしまいます。

また、オーナーに家賃を決める権限がない場合もあります。その場合は高い家賃を維持せざるを得ず、結果として入居者が決まらないといったリスクもあります。

新築ワンルームマンションには新築だからこその価値があると考えてください。

(2)物件自体の価値下落リスク

新築物件は、買った途端に2~3割は値段が下がると思ってください。これは、物件の価格にオーナー募集等の広告費が上乗せされているためです。

逆に言えば、新築物件は本来の価格に2割程の下駄を履かせた状態で売られていることになります。これはマンションに限らず、戸建物件でも同様です。

このため、物件を手放す場合は購入時よりもかなり低額での売却を余儀なくされます。購入後に近隣に駅や大型商業施設ができるといった変化があればそれなりの売却価格になりますが、そういったケースは稀だと覚えておきましょう。

(3)利回りが低い

新築マンションはやはり高額なため、利回りは低くなります。利回り4%の物件の場合、元を取るのに25年かかります。

25年もマンションを保有すると、修繕費もかかりますし、税金の負担も馬鹿になりません。前述のようにフルローンを使うと返済額も大きくなってしまいます。常に入居者がいるとも限りません。

これらの要素によって、さらに利回りは低下します。新築ワンルームマンション投資を行う際には、利回りの低さを補うための戦略を練らなければならないでしょう。

まとめ

新築ワンルームマンション投資には、様々なメリットとデメリットが混在しています。

新築物件は人気ですが、誰かが住んだ時点で新築ではなくなりますし、そうでなくても築後1年経てば新築とは呼べなくなります。

新築のワンルームマンションが売りに出されても、単純に飛びついては行けません。むしろ新築だからこそ考えなければいけない要素があるので、検討に検討を重ねましょう。

初心者が失敗しない為にどうするべき? 中古マンション投資のすすめ
ページの先頭へ