自社物件か

マンション投資を検討する際、売主物件(自社物件)と仲介物件のどちらを選ぶか迷いがちです。こちらでは、売主物件のメリットを紹介します。

不動産投資会社が売主である自社物件のメリット

売主が不動産投資会社である物件のことを「自社物件」といいます。これに対し、投資物件の売主が別の業者で、不動産投資会社は紹介という立場であるものは「仲介物件」といいます。

仲介物件と自社物件、どちらを選べば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

一概には言えませんが、仲介物件を扱う不動産投資会社は、ある程度の実績がある方向きです。

そのため、自社物件を多く持っている不動産投資会社は、初めて不動産投資を始める方や、自己資金を抑えたい方に向いていると言えます

それではさっそく、自社物件が初心者に向いている理由を紹介します。

仲介手数料が不要

仲介物件を購入する場合、紹介した不動産投資会社に対して仲介手数料を支払うことになります。その額は、次の公式で求められます。

(物件価格の3%+6万円)+消費税=仲介手数料

仮に2,000万円の物件を購入したとすると、仲介手数料は66万円+消費税になります。一方で、自社物件の場合は、仲介業務ではなく自社の投資物件を紹介しているため、仲介手数料が不要なのです。

価格交渉がしやすい

自社物件の場合、売主が不動産投資会社になります。
そのため、値引き交渉や、減価償却を大きく取れるような価格交渉などもしやすくなるのです。

建物が改修済であることが多い

購入する投資物件にリフォームなど改修が必要な場合、仲介物件では工事費は投資家側持ちになるケースがほとんど。
しかし、自社物件の場合は、あらかじめ改修工事を実施している場合が多く、投資家側が改修費を支払うことはありません

瑕疵担保責任が付いている

購入した投資物件に、万一不良な個所が見つかった場合、瑕疵担保責任があれば修繕費は業者が支払うことになります。
この瑕疵担保責任、新築であれば業者側が10年間責任を負うことになっていますが、中古で仲介物件の場合は付いていないケースが多々あります。
しかし、自社物件の場合は、中古であっても売主が瑕疵担保責任をつけるよう法律で決まっており、最低2年間は補償してくれるのです。

入居者の属性を知っている

投資物件に現在、どういった人(男女・年齢・職業など)が多く住んでいるか、また家賃支払いの状況(滞納がないか)など、自社物件であれば不動産投資会社が把握しています。
もちろん投資家側にも、こうした事前情報が伝えられるので安心して購入できるのです。

初心者が失敗しない為にどうするべき? 中古マンション投資のすすめ
ページの先頭へ