HOME » 不動産投資で成功するパートナー会社の選び方 » リフォーム対応してくれるか

リフォーム対応してくれるか

こちらでは、投資マンションのリフォーム費用に関して、物件購入の前に知っておきたい相場や、ポイントをまとめました。

リフォームを対応してくれる不動産投資会社を選ぶ

マンション投資を始める際に、大きな出費となるのがリフォーム費用(原状回復費用)です。

購入した物件がリフォームの必要な状態の場合もありますし、入居者が退去する際にも、壁紙の取り換えや和室のある物件なら畳の取り換えなどをする必要があります。

リフォーム費用は、入居者の使い方によって変わりますが、ワンルームで1室あたり10~20万円、ファミリータイプだと30万~50万円ほどといわれています。

入居者の敷金などでまかなうことも可能ですが、長期間入居していた人が退去するとなれば、さらに費用はかさむでしょう。

また、中古マンションの場合は、空室が長く続いている物件もあります。こうした物件には、大規模なリフォームまたはリノベーションを行わないと入居者がつかないことも想定され、その費用は数百万円になることも。

そこでお勧めしたいのが、すでにリフォーム済の物件を扱っている不動産投資会社から物件を購入することです。そうすると、初期投資費用を数十万から数百万ほど抑えることができます。

なかには、運用を始めた後のリフォーム費用についても、不動産投資会社が一部を負担するという、うれしいサービスを設けているところもあるようです。

ニーズに適した投資物件へのリフォーム

リフォーム対応ができる不動産投資会社であれば、その物件の特性や時代のニーズに適した形の部屋に改装するノウハウを持っています。

部屋のインテリアや間取りなどは、時代とともにニーズが変化していくものです。リフォームまで対応してくれる不動産投資会社は、こうした情報をいち早くキャッチして、入居を希望する人に好まれやすいよう最善な形に改装してくれるのだそう。

投資する側にとっても空室リスクを抑えられて、初期投資費用も抑えられるのは非常に魅力的ですね。

初心者が失敗しない為にどうするべき? 中古マンション投資のすすめ
ページの先頭へ