HOME » 不動産投資で成功するパートナー会社の選び方 » アフターサービスはどうか

アフターサービスはどうか

中古マンション投資を行う際、パートナー会社を選ぶポイントとして、アフターサービスについて解説します。

アフターサービスが充実した業者を選ぶメリット

マンション投資は、物件を購入した後の管理がとても重要です。管理会社(不動産投資会社)のサービス次第で、その後の収益が大きく変わってくることもあります。

できれば、購入からアフターサービス、出口戦略までワンストップで手広く対応してくれる業者を選ぶことにより、一つの窓口に相談するだけで済みますから、オーナーの手間も省けるでしょう。

アフターサービスといっても多岐にわたりますので、ここでいくつかカテゴライズして紹介しましょう。

入居者管理

入居者の募集から入退去手続、家賃の回収、滞納者との交渉、入居者同士のトラブル対応、退去後のリフォーム依頼、空室対策など、入居者管理だけでも多くの業務があります。

とりわけ滞納者との交渉は、ノウハウを持った専門家でなければ解決できないこともありますし、管理会社の腕の見せ所でもあります。

建物の維持管理

郵便受けまわりや廊下・階段など共有部における清掃、照明など設備機器の保守や交換、さらには修繕等を含め、物件全体の維持管理をする業務です。

誰だってキレイなマンションに住みたいでしょうし、資産価値を長く保つためにも維持管理は重要なお仕事です。

中には、退去後のリフォームを自社で行い、しかもその費用の一部を負担してくれる不動産投資会社もあるようです。リフォーム費用は意外と高いものですから、こうしたサービスがあると、とても安心です。

室内設備の修理・交換

各室内にあるエアコンや給湯器などの設備を修理・交換する場合の費用は、通常、どの会社で物件を購入してもオーナーの負担になります。

ところが、中にはその費用でさえも負担してくれる会社があるようです。

中古物件で最もネックとなるのが購入後の修繕費用と言われている中、オーナー負担が極力減るようなサービスを展開している会社であれば、信頼度が高くなるのではないでしょうか。

収支計画などオーナーサポート

現状の資金状況やローン返済、これから予測されるリスク、家賃相場など賃貸市場の動向など、あらゆる観点から今後の展開についてアドバイスをくれたり相談にのってくれたりします。

不動産投資会社は、投資家の思い描くライフプランを実現に向けてサポートしてくれる頼もしいパートナー。だからこそ、一緒に歩んでいける信頼できる業者を選ぶことがとても重要なのです。

初心者が失敗しない為にどうするべき? 中古マンション投資のすすめ
ページの先頭へ